安全かつ安心して艇内のAC機器をドライブできるマスサイン・インバーターシステム

Mastervolt社の「Mass Sine(マスサイン)」は、艇に搭載しているバッテリーから安定したAC電源を供給するインバーターシステムです。

安価なインバーターでは擬似的な交流出力になってしまうため、接続するAC機器によっては誤動作や発熱の心配がついてまわりました。

いっぽう陸電からの電力供給も、採用している供給施設によっては電圧変動が激しいためにAC機器の動作保証電圧を外れて誤動作したり、電源が落ちるケースもあります。

このような状況で安定したAC電力を得ることは、豊かなボートライフを送るために重要なファクターであり、キャビンの中での快適空間は、それによって左右されるといっても過言ではありません。

12Vと24Vでそれぞれ専用のモデルを用意

Mass Sineは12Vシステムおよび24Vシステムそれぞれの環境下で十分なスペックを確保するためにそれぞれ専用のモデルをラインナップしています。

※画像左上より「Mass Sine 12/2000(12V専用)」、「Mass Sine 24/2500(24V専用)」


MasterBusネットワーク経由で動作状況を確認

AC機器駆動では大電流をハンドリングするため、接続方法が確実でないのは非常に危険です。

Mass Sineは堅牢な接続用ターミナルと誤接触を防ぐターミナル保護スペースを装備。大電流対応の太いケーブルでも確実に接続できます。

またDC-AC変換プロセスとバッテリーのコンディションを同社のMasterBusネットワークシステム経由でリアルタイムにモニタリングおよび設定変更が可能です。

 


理想的なDC-AC変換で電源ラインを供給



一般的なインバーターシステムは変換後の交流波形が矩形波または疑似正弦波になってしまっているため、パソコンのような精密機器には向きません。Mass Sineは理想的な正弦波変換で使用する機器を傷めることがありません。


電源系統を単一ブランドで安全に統合



メーカーの異なる機器同士の接続は、電源系統に限らずどこかで不整合や無駄なロスが発生して、非効率的なシステムになる可能性が高くなります。Mastervolt社製品は各製品とも相互に整合性が取られていますので、こうした心配がありません。特にMass Sineではシステム内の負荷状態に合わせて無効電力によるロスが発生しない設計になっています。

※Mass Sineをシステムに加えた接続事例。サービスバッテリーを追加して同社製ChargeMaster(バッテリーチャージャー)やMasterShunt(バッテリー管理ユニット)、DC Distributor(DCディストリビューター)等を接続。マイクロプロセッサーによるシステム監視でバッテリー充電からDC-AC変換を自動的に制御します。

Mastervolt Mass Sine(マスサイン)主な仕様

商品名 入力電圧 バッテリー容量 出力電圧 常用電力 サイズ 重量
12/2000 12VDC 200Ah以上 120VAC-60Hz 1800VA 420X318X130 9.7kg
24/2500 24VDC 200Ah以上 120VAC-60Hz 2000VA 420X318X130 9.7kg

Mastervolt Mass Sine(マスサイン)価格

Kojima No. 商品名 本体価格
710050 Master Sine 12/2000 349,000円
710051 Master Sine 24/2500 432,000円