MS Kojima
MAIN











ICOM 国際VHF無線機 広告連動コンテンツ

このページは弊社で現在広告出稿している内容をより詳細に説明するコンテンツです。去る2009年10月2日の官報により、国際VHF無線機に関する規制緩和が施行され、3級海上特殊無線技士の免許を所持していれば船検を通った船舶に対して免許状が交付されて国際VHF無線機の運用が可能になりました。

3級海上特殊無線技士では出力5Wまでの空中線電力の運用、2級海上特殊無線技士では25Wまでの空中線電力の運用が認められます。一部機種によっては出力5W機でもGPS機能を装備した物については2級海上特殊無線技士の免許が必要になります。

船舶共通システムとはいえ、どのような運用上のルールやマナーがあるのか、何ができて何ができないのか、外部アンテナを接続できる固定機のシステムを設置する際に注意すべき事柄はどのようなものがあるのか…そうした疑問だらけの国際VHFについて情報を逐次アップしていきますのでお役立てください。