資料はこちらからDL


































実績あるIC-M504Jを新機能で熟成させた最新モデル。

◉直感的なユーザー・インターフェースを採用
直感的な操作を可能にする十字キーで目的の機能を選択、IC-M504Jでも採用されていたソフトキーと合わせて目的の操作を迅速かつストレスなく実行できます。132X96ピクセルの大型ドットマトリクス・ディスプレイの情報量も相俟って、これまでにないユーザー・インターフェースを実現します。


◉IPX8の防水性能
据置型では十分の防水性能IPX8を実現。濡れた手はもちろん、スプレーがかかるような場所でも安心して運用できます(本体に付着した塩分は定期的に拭き取るようにします)。IPX8: 水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、60分間放置したのちに取り出して、正常に機能すること。


◉2分間の交信記録を自動で行うラストコール・レコーディング機能
交信した内容を自動的に記録する機能です。最後に交信した音声を2分間までさかのぼって再生することができます。聞き漏らしや要件の再確認に非常に役立つ機能です。2分間を過ぎると記録し始めた部分から上書き記録されていきます。


 


DSC Class Dを標準搭載:本体右上にある誤操作防止カバー付きのDISTRESSボタンは、事前に設定した 自艇に関する情報を自動的に遭難信号として発するためのものです。既存のGPS装置を接続すれば、動作時における自艇の位置情報も同時に発信することが可能です。

◉大音量15W出力の内蔵スピーカー
IC-M504Jの内蔵スピーカーの出力が4.5Wだったのに対して、IC-M506Jはそれをはるかに凌ぐ15Wの大出力を獲得。エンジン音や風切音でマスキングされがちな受信音をクリアに再生します。


◉アクティブノイズキャンセル機能
ノイズキャンセル用の専用マイクおよび専用回路を実装。 会話の周囲で発生するさまざまな環境ノイズを受信時最大1/10、送信時最大1/3まで低減。クリアな音声での快適な交信を実現します。


◉ヘイラー/フォグホーン機能
外部ヘイラーホーンに接続することで、大音量(最大25W)の拡声が可能。 デッキや岸にいる人とのコミュニケーションをサポートします。また無線機の受信音を大音量へイラーホーンから流せますので、デッキで作業中であっても無線の呼び出しにすぐ対応できます。



◉多彩なスキャン&ワッチ機能:TAGスキャンやプライオリティスキャン、オートスキャンといった用途に応じて最適なチャンネル・スキャン・モードを提供する多彩なスキャン機能と、2または3チャンネルを同時にワッチできるトライワッチ&デュアルワッチ機能を装備。16チャンネルを常時聴守しながら、他のチャンネルもワッチすることが可能です(画像をクリックすると拡大表示します)


◉コマンドマイクをラインナップ
IC-M506J専用オプションのコマンドマイクです。DSC機能を含むほとんどの機能が操作できます。 キャビンなど本体と離れた場所からの運用をサポートします。 また、本体とコマンドマイク間をつなぐインターホンとしても動作します(コマンドマイクHM-195Bは別売オプションです)。画像をクリックすると拡大表示します。




◉各種外部機器を接続するリアパネル:IC-M506J用オプションのコマンドマイク(HM-195B)やフォグホーン用音声出力コネクター、同社製トランスポンダ等を接続するためのNMEA0183ケーブルを装備しています。



◉その他の機能

※米国で運用されているサービスのため、日本の海域および近海では受信できません。


◉付属品
◉主な仕様
周波数範囲 TX 156.025MHz ~ 157.425MHz
RX 156.050MHz ~ 163.275MHz
電波型式 F3E, F2B
空中線インピーダンス 50Ω
送信電力 25W/1W
受信感度 -13dBμ (typ.) 12dB SINAD
オーディオ出力 15W (typ.)
使用温度範囲 -20℃ ~ +60℃
サイズ (W)178.9×(H)113.9×(D)113.8 mm
重量 約1.4kg


KOJIMA No.
Mfg.No.
本体価格(税抜)
200378
IC-M506J
40,000円
200379
HM-195B
19,800円

外部アンテナについて:IC-M506Jには外部アンテナが必要です。海外で実績のあるシェイクスピア製品をお求めください。